現実を見て夢を語りたい

現実を見なければ周りから置いていかれる、でも夢を捨てては現実を見れない。ならせめてここでは夢を語らせてください。

自殺という選択

こんばんは、まさです。

物々しいタイトルで申し訳ありません

昔のブログとかぶってます

 

今日は自殺について

 

 

大切なことは先に言っておきます

最終的な僕の結論は自殺否定派です

 

自殺をするのはあほらしい、負けだ、逃げだ

そんな話をよく聞きますが、僕にはその意味がよくわかりません

 

あまりいい例が思いつきませんが、

労基法とかの話をする時は「仕事が趣味のやつに合わせて法律を作るな」と少数派の人間を貶めるのに、

「自殺をするやつは弱いヤツ」と勝手に決めつけるのでしょうか?

すべての人があなたや、あなたのいる大多数と同じな訳ではありません

大多数と同じように生きたいと思ってもできないんです

 

僕は、人間は生まれてから全ての事柄が決定されていると思っています

うまく言えませんね…

 

時間に支配されて動くし、住む場所も、学校も、友達も、家族も

 

そしてその決められていることの中で、いいことは「奇跡」や「運命」と呼ばれる

 

私たちが本当の意味で決定できること

それが「死」なんじゃないでしょうか

 

ただ、今こうして理論っぽく並べていますが

これは全て生きているからできることです

少なくとも死んで後悔することはできません

 

自殺を選ぶ前に一度、一人で海へ行くことをオススメします