現実を見て夢を語りたい

現実を見なければ周りから置いていかれる、でも夢を捨てては現実を見れない。ならせめてここでは夢を語らせてください。

怒り

こんばんは、まさです

寝れないんで今日の更新しちゃいますか

 

今日は怒りについて

 

「外で怒ったところをみたことない」

なんて言われてしまいました

 

考えてみると確かに外で怒ったことはないし、かといって中でもないように思えます

 

それは人並みには汚い感情は生まれます

苦手な人だっています

正直自分では結構好き嫌いの激しいほうだと思っています

 

ですが、自分が嫌いな人がいるように相手だって嫌いな人がいる

やはり人間は相容れない人というのはいるものです

そういう人とは関わらないのがまず1番

 

それでもどうしても嫌な感情が起こることもあります

それはもうしょうがないものです

気をつけているのになってしまうことはもはや生理現象と同じ

ただ静かに終わることを待つのみ

 

怒るというのは、それなりに力を使います

 よくよく考えてみると、嫌いな人のために怒るって力の無駄遣いにほかならないような気さえしてきます

 

結局のところ自分は人前では怒らないのではなく、人に興味がないだけなのかも知れません