現実を見て夢を語りたい

現実を見なければ周りから置いていかれる、でも夢を捨てては現実を見れない。ならせめてここでは夢を語らせてください。

蜂蜜のような嘘を

こんばんは、まさです

夏に酔う。

 

今日は嘘について

 

嘘は方便。

 

最近母に「あんたは自分のために頑張るの」と言われました

その後よく考えてみたのですが、今はどうにせよ幼少期、つまりはじめの頃は親のためにやってました

 

親に怒られないように

親に怒鳴られないように

ただそれだけのために色々なことをしていました

 

いつの間にか、嘘をついて親を騙すようになり

自分自身にも嘘をつき

 

嘘は方便です。

きっと、ではなく必ず人を救う嘘というのは存在します

蜂蜜のように甘いその嘘は、きっと舐め続けていれば優しくまろやかです

別に太りもしません、なんの副作用もない

 

ただ、一度舐めたら舐め続けなければならない