現実を見て夢を語りたい

現実を見なければ周りから置いていかれる、でも夢を捨てては現実を見れない。ならせめてここでは夢を語らせてください。

友達

こんばんは、まさです

友達がいないとレベリングの気分が乗りません

 

今日は友達について

 

友達、といって思い出すのは誰ですか?

その人はたぶん本当に友達なんだと思います。僕もぱっと6人ぐらいは思い出します

 

例えばクラスで隣のよく話す子がいたとします。

休み時間なんかに話したり、たまに一緒に帰ったり

きっと僕がその人のことを紹介する時は「僕の友達の〇〇です」というと思います

 

ただ、なにかがちがう

きっとその子が友達といって思い出すのは僕じゃないし、僕もその子を思わない

それってただの話し相手なだけなんじゃないでしょうか

 

別に心を開いてないわけでも、相談しないわけでも、楽しくないわけでもない

でもなんだか友達…といわれるとなにか歯がゆいものを感じるんです

 

色々考えすぎちゃうせいで人付き合いが苦手なのかもしれません)